【日本】A-PADジャパン設立、佐賀県進出協定を締結

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【日本】A-PADジャパン設立、佐賀県進出協定を締結
2016.02.28ニュース

【日本】A-PADジャパン設立、佐賀県進出協定を締結

アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)の日本のメンバーとして、「A-PADジャパン」が佐賀県にて設立されました。2月2日、佐賀県と進出協定締結式が行われ、代表理事の大西健丞が出席し、協定を締結。A-PADジャパンは今後、佐賀空港を大規模災害時の支援物資の輸送拠点にする構想などを含む支援体制の構築を行っていく予定です。

大西は「朝鮮半島や東アジアが不安定化した場合、地政学的に東京よりも佐賀が有利で空港も整備されている。中型輸送機をチャーターし、支援物資を運ぶことなどを想定している」と発言。

佐賀県の山口祥義知事は「佐賀空港の利用を含め、チーム大西の活動を応援していく」と今後の活動に期待を寄せていました。

一覧へ戻る