お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【お知らせ】「空飛ぶ医師団」代替機が佐賀空港にてスタンバイ
2018.05.22活動報告

【お知らせ】「空飛ぶ医師団」代替機が佐賀空港にてスタンバイ

A-PADジャパンの災害専用機コマンダー695機の先日のパンクをうけ、代替機として、5/22にセスナ208キャラバン機(Cessna 208 Carava)を佐賀空港に配備いたしました。

これより機体整備等を行い、大規模災害に備え5/25より佐賀空港にスタンバイする予定です。

代替機は、長い主翼が特徴の単発機です。

・基本情報(セスナ208キャラバン):

全長:11.46 m

全幅:15.88 m

全高:4.32 m

最大巡航速度:341 km/h

最大運航高度:8,410 m

航続距離:2,539 km

乗客最大:9

乗員:1

 

支援者の方々にはご心配をおかけしておりますが、空飛ぶ医師団は引き続き使命を

全うすべく大規模災害に備えています。

 

皆さまからのご支援よろしくお願いいたします。

 

■ふるさとチョイスの「空飛ぶ医師団」プロジェクト

https://www.furusato-tax.jp/gcf/287


一覧へ戻る