お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【西日本大雨支援】「患者の搬送が遅れていたら・・・」
2018.07.08活動報告

【西日本大雨支援】「患者の搬送が遅れていたら・・・」

本日8日、岡山県倉敷市真備町の「まび記念病院」が浸水し、患者や職員らが取り残されているとの情報を受けて、チームは水陸両用車で病院へ向かいました。レスキューチームの医師、稲葉基高は「取り残されていた60人以上の患者のうち、ねたきりの方が約半数。意識を失っている方もいました」と言います。周囲が水没し陸路が断たれるなか、自力で歩けない方の搬送は簡単ではありませんが、電気も止まり病院内は暗く、何より治療し続けられる環境ではありませんでした。院長からの「患者全員を避難させてほしい」との依頼を受けて、ヘリ及びゴムボートと船で、その場にいた全員を救急搬送しました。

「ありがとう」安堵の声

なかでも緊急を要する重症患者は、看護師付き添いのもと、病院の屋上からヘリで岡山大学病院へ搬送しました。これらの活動は、HuMA(災害人道医療支援会)やDMAT(災害派遣医療チーム)などの医療関係者や自衛隊と協力して行いましたが、今回はチームに災害救助の経験豊富な稲葉医師が含まれていたことで、医療機関への搬送や引き継ぎを比較的スムーズに実現することができました。稲葉医師は、「患者のなかには搬送が遅れたら命が危険な患者さんもいたため、自前のゴムボートや自衛隊の船、そしてヘリで素早く患者を運ぶことができて安堵しています」と話しています。患者の皆さんからも「ありがとうございます。本当にほっとしました」と喜びの声が届いています。
「ありがとう」安堵の声

避難所への物資配布に向けて


また、真備町では各避難所へのニーズ調査を続けており、近日中にA-PADジャパンが本部を置く佐賀県からも下着や靴下、オムツ、歯ブラシ等の物資を届ける計画です。その他、必要な物資を一刻も早く届けられるよう尽力しています。

このほか、広島や関西地域の被災地で調査を開始しているパートナー団体とも連絡をとり、今後長期化が予想される復旧・復興支援に備えています。

避難所への物資配布に向けて

ふるさと納税でのご寄付はこちらから

★ご寄附受付中。皆さまからのご支援よろしくお願いいたします。

ふるさと納税 https://www.furusato-tax.jp/gcf/350

一覧へ戻る