お知らせ

2018.07.09活動報告

【西日本大雨支援】避難所に下着を配布

SEMAと連携

9日、緊急支援チーム(Civic Force/A-PADジャパン/PWJ)は、複数のチームに分かれて、広島県三原市と岡山県倉敷市の避難所をまわってニーズ調査を行いました。また、加盟する緊急災害対応アライアンス「SEMA」から寄せられたグンゼの下着を預かり、倉敷市の真備小学校と総合公園の避難所に届けました。

SEMAと連携

求められる熱中症対策や衛生グッズ


昨日、物資を届けた三原市本郷町船木は一時地区全体が浸水し、船木ふれあいセンターには約160人の住民が避難しています。しかし、床上浸水していて施設内は泥だらけ。さらに水道が止まり衛生環境が悪化するなか、感染症が蔓延する恐れもあります。調査の結果、他の避難所でも清掃用具をはじめ、熱中症予防のためのスポーツドリンクや冷えピタ等のニーズがあり、チームでは至急、調達・配布に走りました。

求められる熱中症対策や衛生グッズ

DMAT・日赤と医療支援協議


また、A-PADジャパンが本部を置く佐賀県の倉庫から、扇風機や除湿乾燥機、シャツ・靴下・下着、生理用品、非常用トイレなどをトラックに積み、本日倉敷市の真備町に到着。明朝から岡田小学校と薗小学校の避難所で配布される予定です。

下着を受け取った避難所では、「やっと着替えられる!!」と喜ぶ方もいらっしゃいました。広島でも岡山の避難所でも、引き続き着替えや衛生用品、感染症予防や暑さ対策のための物資が求められており、チームでは明日以降も物資の調達と配布にあたります。災害対策本部と協力しながら、断水している地域で給水の手配などの活動も行います。

また、チームの医師は、真備市でDMATと日赤と協議し、今後の巡回診療などについて話し合いました。

DMAT・日赤と医療支援協議

ご寄付はこちらから

★ご寄附受付中。皆さまからのご支援よろしくお願いいたします。

ふるさと納税 https://www.furusato-tax.jp/gcf/350

ヤフー!ネット募金 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5140002/

一覧へ戻る