お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【西日本豪雨】トレーラー3台、真備町の訪問看護の拠点に
2018.08.03活動報告

【西日本豪雨】トレーラー3台、真備町の訪問看護の拠点に

24時間体制の訪問看護を支える拠点に

7月16日から薗小学校の避難所(岡山県真備町)で続けてきたトレーラーハウスの仮設診療所は、被災地の事情により7月31日をもって閉鎖しました。なお、仮設診療所や待合室として利用していたトレーラー3台は、8月1日から同町内で活動するNPO「そーる訪問看護ステーション」の事務所や仮眠スペースとして活用されています。

24時間体制の訪問看護を支える拠点に

発災から約10日後に看護サービスを再開

「そーる訪問看護ステーション」は、”地域で活きること”に重点をおいた看取り看護を積極的に行ってきましたが、今回の震災でスタッフ全員が被災。一時活動中止に追い込まれましたが、看護師の片岡奈津子さんはじめスタッフの皆さんは利用者の安否を確認し、発災からわずか10日後に在宅や避難所で生活する利用者へのサービスを再開したそうです。

発災から約10日後に看護サービスを再開

「被災しても訪問看護はストップできない」

8月2日、A-PADジャパンの根木事務局長が片岡さんとお話し、当団体の事業の意義を改めて確認しました。

「町全体が壊滅的状態ですが、訪問看護をストップすることはできません」という片岡さん。避難生活を送りつつ、昼夜訪問看護を続けるそーるの皆さんが元気で訪問看護を続けられるよう、A-PADはさまざまなサポートを続けています。

★ご寄附受付中

皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税 https://www.furusato-tax.jp/gcf/350

ヤフー!ネット募金 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5140002/

一覧へ戻る