お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【北海道地震】日赤・DMATと連携し医療施設の被害を調査
2018.09.08活動報告

【北海道地震】日赤・DMATと連携し医療施設の被害を調査

安平町の病院へ医療用手袋

発災から3日目の本日、緊急合同支援チーム(Civic Force/A-PADジャパン/PWJ)の医師らは、日赤やDMAT(災害派遣医療チーム)と協力して、被災した地域のクリニックや病院の状況を調査しました。

安平町の病院へ医療用手袋

震度6強の地震に見舞われた安平町の追分菊池病院では、現在23人が入院していますが、今回の地震を受けて、通常外来を休止。救急対応のみを行っています。チームは、電気や水道の回復、CT(コンピュータ断層撮影)などの医療機器も無事に動いていることを確認するとともに、佐賀大学の医師が持参した医療用手袋を手渡しました。

また、最も被害が大きかった厚真町の「あつまクリニック」では、レントゲンが傾き撮影の際の位置調整ができなくなっていましたが、それ以外の医療資機材は足りていて通常保険診療ができていることを確認。外傷患者が急増した昨日に比べ、今日は少し落ち着いて診察できている様子でした。

その他、医療チームでは、避難所での巡回診療などに関する調査も行いました。

救急医療の現場に”横のつながり”を

日赤やDMAT(災害派遣医療チーム)などと連携した救急医療の活動は、今年7月の西日本豪雨以来、チームとしては2度目の試みです。被災した地域の救急医療の現場で他団体と連携し、情報交換しながらそれぞれにできる支援を分担して行うことで、より効率的な支援につながります。より多くの命を救うだけでなく、被災者の負担を軽くするための努力も心がけています。

医療チームには、佐賀大学医学部高度救命救急センターの医師らも含まれています。

ニーズ調査継続中 〜地域の復旧・復興に向けて

また、チームでは本日、厚南会館や上厚真小学校など避難所となっている施設で聞き取り調査を実施。それらの情報に基づき、現在、緊急支援物資の配送に向けて、備蓄物資の輸送や企業への協力呼びかけなどを開始しています。
そして、発災後の7日夜から厚真町吉野地区で行方不明者の捜索を続けてきた救助犬チームは、今日も救助犬3頭とともに同地区西側サイトに入りました。捜索活動は自衛隊や町役場の皆さんと協力して行っていますが、今日は重機で掘る位置を局限すべく、中部救助犬協会から2頭とともに現場へ。残念ながら、今日は生存者の発見にはいたりませんでしたが、今も13人の行方がわかっておらず、現場では不休の捜索が続けられています。
ニーズ調査継続中 〜地域の復旧・復興に向けて

【メディア掲載】

緊急支援チーム「空飛ぶ医師団」の地震支援活動が各種メディアで紹介されました。

-9/7

西日本新聞「熊本県職員や医師ら北海道へ 九州から支援の動き」https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/447554/

-9/6 

・NHK佐賀「医師段派遣 ふるさと納税で支援」

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20180906/5080001526.html

・NHK佐賀「地震支援の医療チーム 北海道到着」

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20180906/5080001523.html

・佐賀テレビ  地震の北海道へ「空飛ぶ医師団」派遣 http://www.sagatv.co.jp/nx/news/detail.php?c=0028912

【メディア掲載】

★北海道地震ご寄付受付中

・クレジットカード・銀行・ゆうちょ

http://a-padj.org/donate.html

・ふるさと納税:

https://www.furusato-tax.jp/gcf/402?top_gcf

・レディーフォー

https://readyfor.jp/projects/A-PADJapan-201809

一覧へ戻る