お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【北海道地震】厚真町5カ所の避難所に寒さ対策などの物資を配布
2018.09.11活動報告

【北海道地震】厚真町5カ所の避難所に寒さ対策などの物資を配布

水道管破裂で今も約6000戸が断水

北海道胆振東部で発生した地震により、11日現在も厚真町など3町約240戸で停電しています。また、厚真町や安平町など5市町村約6000戸で、水道管破裂などにより断水が続いています。
水道管破裂で今も約6000戸が断水

ホッカイロや子供用文房具をお届け

発災初日から厚真町などで緊急支援活動を実施している合同チーム(CF/A-PADジャパン/PWJ)は、本日11日、厚真総合福祉センターなど5カ所の避難所に、大判ぬれタオル『おふろですよ』(70枚)7セットをお届けしました。『おふろですよ』は、入浴できないときに1枚で全身をふける大判ぬれタオルで、断水が続きお風呂に入れない方々などに活用いただきます。この物資は、サラヤ(株)から緊急対応アライアンス「SEMA(シーマ)」を通じて届けられました。
また、ニーズ調査の情報に基づき、ポリ袋や蛇口付きポリタンク、ホッカイロなどを避難所にお届けしました。北海道の被災地では、すでに朝晩は冷え込むことも多く、寒さ対策の支援物資などが求められています。このほか、避難所で生活する子どもたちのために、厚真総合福祉センターにノート100冊、鉛筆20ダース、消しゴム50個、物差し10本、赤青鉛筆20本、鉛筆削り10個を手渡したほか、
一昨日、町役場にお届けした給水袋を各避難所の給水所にお届けしました。
チームでは、本日キャンピングカーを厚真町役場へ設置。昼夜休みなく働き続ける役場の職員などの仮眠スペースなど有効活用される予定です。
ホッカイロや子供用文房具をお届け

★ご寄付受付中!

・クレジットカード・銀行・ゆうちょ

http://a-padj.org/donate.html

・レディーフォー

https://readyfor.jp/projects/A-PADJapan-201809

・ふるさと納税:

https://www.furusato-tax.jp/gcf/402?top_gcf

★ご寄付受付中!

一覧へ戻る