お知らせ

2018.09.13活動報告

【北海道地震】今日で1週間

最大震度7を観測した北海道の地震は、今日で発生から一週間がたちました。被災した地域では、13日現在も1592人が避難しています。今も断水が続くなか、不自由な避難生活に疲労の表情を見せる人も増えています。「もう疲れてしまいました」とつぶやくように話す女性もいました。

甚大な被害を受けた厚真町で、緊急支援物資の調達・配布やニーズ調査を続ける緊急支援チーム(A-PADジャパン/CF/PWJ)は、本日、防寒着や下着、靴下などを町役場に届けました。厚真町では、朝晩冷え込むことも多く、これからの季節を心配する声もあり、グンゼやユニクロの協力を得ながら、できるかぎりニーズにあった衣類をお届けしました。

また、9日に配布したダウ・ケミカルの給水袋は、皆さんに好評で、水汲み場の設置・運営を続ける避難所の担当者は「バケツなどを持っていない手ぶらの人でも持っていけてありがたい」と話しています。チームでは、本日、被災地に向けてさらに給水袋600包を発送。届き次第、追加で配布する予定です。

★ご寄付受付中!

・クレジットカード・銀行・ゆうちょ

http://a-padj.org/donate.html

・レディーフォー

https://readyfor.jp/projects/A-PADJapan-201809

・ふるさと納税:

https://www.furusato-tax.jp/gcf/402?top_gcf

一覧へ戻る