お知らせ

2018.09.20活動報告

【西日本豪雨】子どもたちに絵本を

被災した児童を受け入れる「坂みみょう保育園」

緊急合同支援チーム(A-PADジャパン/Civic Force/ PWJ)、19日、豪雨で甚大な被害を受けた広島県安芸郡坂町の「坂みみょう保育園」に絵本200冊をお届けしました。絵本は、A-PADジャパンが事務所を置く佐賀の保育園やスタジオジブリから提供されました。

絵本を受け取った保育士さんは「子どもたちのために大切に使います」と笑顔を見せてくれました。

被災した児童を受け入れる「坂みみょう保育園」

坂みみょう保育園は0歳から5歳までの子どもたち約150人が通っていますが、現在、被災して行き先がなくなってしまった「小屋浦みみょう保育園」の一部の園児たちを一時的に預かっています。

小屋浦みみょう保育園は、1階の保育室が土砂に埋まり、園舎での保育の目途はたっていません。また、「坂みみょう保育園」でも、車が被災するなどして徒歩で登降園している親子もいます。職員の中には、家を失い、避難所での生活や通勤に何時間もかけている保育士さんもいるようです。

甚大な被害を前に町の復旧・復興、そして一人一人の生活がもとに戻るには時間がかかります。絵本を通じて、少しでも多くの子どもたちが笑顔になり、大人たちも元気になってくれることを願うばかりです。

埋もれているニーズを発掘するために

緊急合同支援チームでは、毎日めまぐるしく変わるニーズやまだまだ埋もれている困りごとに対し、少しでも多く、できるだけ早く応えられるよう尽力しています。そして、助けを必要とする人と、「支援を届けたい」と思う人々とをつなぐ活動にも力を入れています。

ご寄付受付中!

クラウドファンディングサイト「Readyfor(レディフォー)」で西日本豪雨の被災地を応援するプロジェクトを展開しています。題して「訪問看護のプロ集団、壊滅した町の復興を目指す!」。水没した岡山県倉敷市真備町の訪問看護の現場を支えるベテラン看護師たちの挑戦を後押しします。

皆様のあたたかいご支援をお願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/A-PADJapan2018


以下サイトでもご寄付を受け付けています。

ふるさと納税 https://www.furusato-tax.jp/gcf/350

ヤフー!ネット募金 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5140002/

一覧へ戻る