お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • ふるさと納税で「空飛ぶ医師団」を応援してください!ふるさとチョイスでガバメントクラウドファンディングスタート
2018.11.01ニュース

ふるさと納税で「空飛ぶ医師団」を応援してください!ふるさとチョイスでガバメントクラウドファンディングスタート

佐賀県へのふるさと納税でできる災害支援

A-PADジャパンは、本日11月1日から、ふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディング「空飛ぶ医師団」プロジェクトの寄付募集を開始します。アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)を指定した佐賀県へのふるさと納税にご寄附をいただくと、「空飛ぶ医師団」をはじめとするA-PADジャパンの災害支援活動に役立てられます。お礼の品として、佐賀県の農産物や特産品、工芸品などのお礼の品をお届けします。

 

期間:2018年11月1日から2019年1月31日

目標金額:500万円

プロジェクトURL:https://www.furusato-tax.jp/gcf/457

救命救助・災害支援を行う「空飛ぶ医師団」

アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)は、国内外の災害支援活動、および災害発生時に、救命活動を行うプロフェッショナルチーム「空飛ぶ医師団」を被災地に派遣する活動を行っています。「空飛ぶ医師団」は医師や看護師などの医療従事者と、長年国内外の緊急支援に携わってきたメンバーで構成されています。
救命救助・災害支援を行う「空飛ぶ医師団」

寄付金の使い道

「空飛ぶ医師団」をはじめとする災害支援活動は、ふるさと納税をはじめとする、皆さまの寄付によって支えられています。

 

ふるさと納税による寄付額の95%は、佐賀県からA-PADジャパンに交付され、災害支援活動や「空飛ぶ医師団」事業に活用されます。

 

皆さまからいただく寄付金は、主に次の目的で使われます。

 

・災害時に被災地へ駆けつけるための航空機やヘリの運航

・レスキュー隊の訓練・派遣

・医療チームによる緊急医療対応・医療資機材の購入

・被災状況の調査、ニーズ調査

・支援物資の調達・輸送・配布

・避難所の運営支援、ボランティア派遣

・支援団体とのパートナー事業

 

ふるさと納税で大規模災害に備えます

近年では、東日本大震災や熊本地震をはじめとした地震災害のほか、豪雨等による土砂災害・洪水被害が全国各地で頻発しています。いつ、どんな災害が起きるのかわからない状況で、いつでも出動できる体制を整え、大規模災害に備えます。あなたのふるさと納税によるご寄付が、災害現場で命を救う大きな力になります。

 

 ふるさと納税で寄付をする 

 

一覧へ戻る