【九州豪雨】下着600枚を朝倉市の避難所へ

お知らせ

2017.07.07活動報告

【九州豪雨】下着600枚を朝倉市の避難所へ

3日ぶりの着替え

豪雨の被害にあった被災地では、7日午後も雨が断続的に降り続いています。

7日現在、避難所に身を寄せるのは福岡・大分両県合わせて約2200人。孤立集落から救助されるなど着の身着のまま難を逃れた人も多く、家に帰れないまま、風呂に入れず、着替えることもできずに不安な時間を過ごしています。

こうしたなか、レスキューチームは、本日夕刻、朝倉市内の2カ所の避難所(フレアス甘木、杷木中学校)で下着600枚(紳士100、夫人100、男児50、女児50 各上下)を配布しました。

3日ぶりの着替え

ブルーシートを配布

豪雨の影響で自宅にいられず、ヘリで避難所までたどり着いたという85歳の女性は、「ヘリで逃げるときにずぶ濡れになったけど、避難所では洗濯ができんかったけん、うれしか」と、3日ぶりに着替えられる喜びをかみしていました。

また、杷木支所では避難所の要請を受けて、ブルーシート84枚と、洗濯場で活用する洗濯洗剤を配りました。

明日8日には、さらに下着12箱・1200枚が被災地に届く予定で、チームでは朝から避難所での配布を続ける予定です。

ブルーシートを配布

ふるさと納税でのご寄付受付中

被災地の支援活動のための緊急寄付を受け付けています。皆様からのご寄付は、九州豪雨で被災された方への支援に活用させていただきます。指定寄付口座のほか、クラウドファンディングやクリック募金などのサイトでもご寄付を受け付けております。皆様からの温かいご支援をお待ちしております

========================

■「ふるさと納税」での寄付受付も始まりました! 

http://www.furusato-tax.jp/gcf/189

ふるさと納税でのご寄付受付中

7日の活動動画はこちらから

一覧へ戻る