【九州豪雨】孤立する東峰村の避難所へ 暑さ対策の物資を配布

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【九州豪雨】孤立する東峰村の避難所へ 暑さ対策の物資を配布
2017.07.10活動報告

【九州豪雨】孤立する東峰村の避難所へ 暑さ対策の物資を配布

全国各地で今年一番の最高気温を記録するなど暑い日が続いています。豪雨の被害に見舞われた福岡・大分両県の被災地では、うだるような暑さと断続的な雨のなか、避難生活を送る人々の間にも疲れが見え始め、熱中症や感染症の対策が急がれています。

物資のニーズ調査を続けてきたレスキューチームは、7月10日、A-PADジャパンが事務所を置く佐賀の調剤薬局(株)ミズから衛生用品などの提供を受け、孤立状態にあった東峰村の2カ所の避難所(いずみ館と上福井公民館)に配布しました。

動画はこちらから https://youtu.be/NP7NOG58X7s

佐賀の調剤薬局ミズと協力

配布先の一つ、上福井公民館がある地区は、まだ断水状態で9日にようやく電気が復旧したばかり。日中、外に出ている人たちも、夜寝るために戻ってきます。しかし、クーラーがなく、とにかく避難所内はうだるように蒸し暑い状態でした。

前日のニーズ調査で避難者の方々に話を聞いたレスキュー隊員は、熊本地震の支援活動の際にも協力した(株)ミズから栄養ドリンクや消毒液などを預かり、配布。暑くて脱水症状なども心配されるなか、特に冷えピタシートやビタミン剤が喜ばれました。また、赤ちゃんを抱える母親に使い捨てのビニール手袋を手渡すと「おむつかえのときに手を洗わずに捨てられる!」と笑顔を見せてくれました。「料理をするときに限られた給水車からの水を節約して使える!」と喜ぶ女性たちの姿もありました。

佐賀の調剤薬局ミズと協力

扇風機やクーラーで暑さ・湿気対策

また、暑さ対策として、公民館にはスポットクーラーと除湿機、扇風機もお届けしました。

4か月の赤ちゃんを抱えるお母さんは、「とにかくうれしい」とほっとした様子。避難所に来てから赤ちゃんの寝つきが悪くなり、どっと疲れが出ていたようです。レスキュー隊員が赤ちゃんを抱っこさせてもらうと、「まぁ慣れているんですね、しばらくお願い」と笑みを浮かべていました。暑くて寝苦しい夜が続いていましたが、「今日はゆっくり眠れるのではないでしょうか」と隊員も安心しました。

 
公民館では暑さだけでなく、高い湿度に悩まされいた人が多く、「洗濯ものがなかなか乾かなかったので、除湿機はありがたい」「食べ物がすぐに悪くなり困っていた。除湿機やクーラーは本当に助かる」と大いに 喜んでいただけました。
 
明日以降も、避難所へのスポットクーラーの搬入を続けます。レスキューチームでは、現在大分県の日田市などでもニーズ調査を続けており、移り変わる被災地のニーズに迅速に対応できるよう尽力しています。
扇風機やクーラーで暑さ・湿気対策

ふるさと納税でのご寄付受付中!

チームでは引き続き福岡・朝倉市や東峰村、大分・日田市の避難所や孤立した集落などをまわり、被災した方々のニーズ調査と物資調達の活動を続けています。


被災地の支援活動のための緊急寄付を受け付けています。皆様からのご寄付は、九州豪雨で被災された方への支援に活用させていただきます。

◆「ふるさと納税」でのご寄付も受け付けています 

http://www.furusato-tax.jp/gcf/189

ふるさと納税でのご寄付受付中!

一覧へ戻る