【九州豪雨】「こんなにおいしい食事、久しぶり」ー東峰村避難所に弁当170食配布

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【九州豪雨】「こんなにおいしい食事、久しぶり」ー東峰村避難所に弁当170食配布
2017.07.12活動報告

【九州豪雨】「こんなにおいしい食事、久しぶり」ー東峰村避難所に弁当170食配布

豪雨被害で一時孤立状態にあった福岡・東峰村。レスキューチーム(A-PADジャパン/Civic Force/PeaceWindsJapan)は昨日につづき、本日昼、避難所となっている保健福祉センター「いずみ館」にお弁当170食をお届けしました。

避難者自らが食事を用意

いずみ館に避難している人の数は、現在約100人。スタッフやボランティアを含めると合わせて150人ほどの人が行き来しますが、朝と昼の食事は、避難している女性ら10人ほどが調理し、発災直後の6日には280人分の料理を作ったそうです。食材は「トマトやきゅうり、ゴボウ、ピーマンなど支援物資としていただいた野菜を使ってきた」と言います。

 

10日以降は、東峰村から夕食用の弁当が支給されていますが、豪雨被害から間もなく1週間を迎え、酷暑のなか、毎日100人以上の食事を用意するのは簡単ではありません。

避難者自らが食事を用意

バリエーション豊富に

レスキューチームは、11日に支援物資を届けた際、避難所の食事を作っている方々の疲れ切った表情を見て、急遽食事を届けることにしました。

お弁当は、A-PADジャパンが事務所を置く佐賀の惣菜屋「赤ちゃん」の協力を得て、栄養価の高い食事を用意。「避難する方々が好きなものを選んでもらえるように」と、鮭や鯖、から揚げやトンカツなどバリエーション豊かな内容に。お弁当の配布にあたってはA-PADジャパンが熊本地震の際にも協力した「佐賀から元気を送ろうキャンペーン」のスタッフ3人が応援にきてくれました。

バリエーション豊富に

「今日は気が楽です」

避難者の坂本康子さん(76)は、「今までお漬物ばかり食べていたので、こんなに美味しいものを食べたのは久しぶり。今日はお昼ご飯を作らなくて良いので気が楽です」と話してくれました。
 

レスキューチームは、午後からも物資配布の活動や避難所などのニーズ調査を行っています。

「今日は気が楽です」

ふるさと納税でのご寄付受付中!

チームでは引き続き福岡・朝倉市や東峰村、大分・日田市の避難所や孤立した集落などをまわり、被災した方々のニーズ調査と物資調達・配布の活動を続けています。


被災地の支援活動のための緊急寄付を受け付けています。皆様からのご寄付は、九州豪雨で被災された方への支援に活用させていただきます。

◆「ふるさと納税」でのご寄付も受け付けています 

http://www.furusato-tax.jp/gcf/189

ふるさと納税でのご寄付受付中!

一覧へ戻る