アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)

一刻も早く、一人でも多く救いたい

近年、日本各地で地震や豪雨といった自然災害が多発しています。

私たちは被災地で支援を必要としている人びとのもとに
一刻も早く駆けつけ、一人でも多くの命を救いたい。

そのために、被災地での捜索救助・医療支援と並行して
行政や企業と協力して緊急支援物資の提供を行います。

被災した方々が一刻も早く元の生活と笑顔を取り戻せるように。

私たち一人ひとりがいまできること

日本ではだれもが被災者になる可能性があり、
またいつでも「寄付」というかたちで被災地の力になることもできます。

私たち一人ひとりが行動することで、未来は大きく変わります。

Donationご支援のお願い

A-PADジャパンの活動は「ふるさと納税」によるご寄付をはじめとする、
皆さまからのご支援・ご寄付によって支えられています。
あなたにあった方法でご支援ください。

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付ができる制度のことです。
控除上限額内の2,000円を超える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。
ふるさと納税以外のA-PADジャパンへのご寄付は寄付控除の対象となりません。

A-PADジャパンについて

アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)は、国際機関アジアパシフィックアライアンスの日本法人として、2015年11月に設立されました。
広く国内外における大規模災害時の緊急人道支援活動、復興支援活動、防災や減災のための活動等を行う、民間・非営利の団体です。
大規模災害時には、行政・企業、市民団体と協力して、迅速で効果的な支援を行います。佐賀県、佐賀市、佐賀大学と災害時に連携することで協定を結んでいます。

企業の皆さまへ

被災した方々に大規模な支援を届けるために、法人寄付を受け付けています。
製品やサービスのご提供などのご支援をお待ちしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”について

大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動をおこなうための、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクトです。
ヘリコプターなどの航空機を活用し、災害救助犬や救助チームも伴って被災地に赴くことから、「Airborne Rescue and Relief Operation with Search」の頭文字をとって、ARROWS(アローズ)と名付けました。 国内外で豊富な支援実績を持つピースウィンズ・ジャパン(PWJ)を核に、姉妹団体のCivic Force、アジアパシフィックアライアンス・ジャパンをはじめ多くの組織が力を合わせます。また、経済・政治・医療など各界のリーダーがアドバイザリーボードメンバーとして参画し、活動を支えます。
現場では自治、病院、NPO、さらに米軍などとも連携を図り、医療・レスキューから物資配布や避難所運営まで、必要な支援を最適な形で届けます。世界でもトップクラスの災害大国・日本において、あらゆる力を集結し、一人でも多くの命を救う取り組み。それがARROWSです。