新型コロナウイルスの国内での感染拡大を受けて、ARROWSは備蓄していたマスク17万枚を全国の医療機関へ贈ることを決定し、25日から発送を開始しました。

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【新型コロナウイルス】国内137の医療機関などにマスク17万枚を提供
2020.02.26ニュース

【新型コロナウイルス】国内137の医療機関などにマスク17万枚を提供

新型コロナウイルスの国内での感染拡大を受けて、ARROWSは備蓄していたマスク17万枚を全国の医療機関へ贈ることを決定し、25日から発送を開始しました。

提供先は、災害時連携協定を締結する医療機関のほか、HP専用フォームより希望のあった137の医療機関や介護施設など計137施設です。大きな総合病院だけでなく、小規模ながらも多くの患者さんを受け入れている診療所や高齢者の多い介護施設などにもお届けしています。

「マスクの入庫が止まり医療活動の縮小を考えていたところでした」

「当院は重度の高齢患者が多く入院し、毎日戦々恐々と感染対策を行っています」

「マスクが底をつきかけ院内が切迫するなか、届いたマスクに元気をもらいました」

マスクをお届けした医療機関の皆様からは、たくさんの喜びの声が届いています。
他方、新型ウイルスの脅威は広がり続けています。ARROWSでは引き続き、感染拡大防止に向けてできることを探っていきます。

◆ A-PADジャパンでは、新型コロナウイルス感染症による肺炎の流行の拡大を食い止めるため、皆さまからのご寄付を活用して、一人でも多くの命を救う取り組みを実施します。

ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税によるガバメントクラウドファンディング
https://www.furusato-tax.jp/gcf/777

一覧へ戻る