緊急に様々な対策に追われる医療従事者の皆さんを少しでもサポートするため、空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”(アローズ)は、3月13日、災害時連携協定を締結する広島共立病院にエアーテント(W5×L8×H3.4M、重量200kg)1張を貸与・設置しました。来院者すべてのトリアージ(選別)を行う「トリアージポスト」として使用するため、テントは玄関口のすぐ横に設置。16日から活用される予定です。

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【新型コロナウイルス】広島の病院にエアーテントを貸与・設置
2020.03.13ニュース

【新型コロナウイルス】広島の病院にエアーテントを貸与・設置

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が日本各地に広がっています。緊急に様々な対策に追われる医療従事者の皆さんを少しでもサポートするため、空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”(アローズ)は、3月13日、災害時連携協定を締結する広島共立病院にエアーテント(W5×L8×H3.4M、重量200kg)1張を貸与・設置しました。来院者すべてのトリアージ(選別)を行う「トリアージポスト」として使用するため、テントは玄関口のすぐ横に設置。16日から活用される予定です。

COVID-19の感染の疑いがある人(接触者)が病院で受診した際、病院は職員や入院・外来患者を感染から守り、院内感染の予防に務める必要があります。日本国内では感染者が増えるなか、今後も現在の医療体制を維持するために、医療機関において新型コロナウイルス以外の患者と医療関係者の予防のための工夫が必要です。

◆ A-PADジャパンでは、新型コロナウイルス感染症による肺炎の流行の拡大を食い止めるため、皆さまからのご寄付を活用して、一人でも多くの命を救う取り組みを実施します。

ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税によるガバメントクラウドファンディング
https://www.furusato-tax.jp/gcf/777

一覧へ戻る