「空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)」は、4月20日と21日、医療現場の最前線で戦う526の医療機関へ11万4,000枚のサージカルマスクを東京都医師会の公募を通して届けました。また、東京都医師会にサージカルガウン2,000枚を届けました。

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【新型コロナウイルス】医療用マスク11万4000枚を、東京都医師会を通じて小規模診療所526施設へ
2020.04.23ニュース

【新型コロナウイルス】医療用マスク11万4000枚を、東京都医師会を通じて小規模診療所526施設へ

「空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)」は、4月20日と21日、医療現場の最前線で戦う526の医療機関へ11万4,000枚のサージカルマスクを東京都医師会の公募を通して届けました。また、東京都医師会にサージカルガウン2,000枚を届けました。

医療現場の最前線で戦う医療機関・福祉施設に対しては、国や自治体からマスク等医療資機材が優先的に配布されていますが、小さな診療所などは公的支援を得られにくい現状があります。
今回のご支援は、公的支援が届きにくい小規模診療所が対象となりました。

また、中国での感染拡大を受けて1月~2月に支援した中国のパートナー団体等からの「お返しマスク」も含まれます。

◆ A-PADジャパンでは、新型コロナウイルス感染症による肺炎の流行の拡大を食い止めるため、皆さまからのご寄付を活用して、一人でも多くの命を救う取り組みを実施します。

ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税によるガバメントクラウドファンディング
https://www.furusato-tax.jp/gcf/777

一覧へ戻る