新型コロナウイルス感染拡大を受け、村上財団、ARROWS、認定NPO法人フローレンスの3者は、全国各地のNICU(新生児特定集中治療室)に21,000枚のマスクを提供しました。

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【新型コロナウィルス】全国各地のNICUへマスク21,000枚提供
2020.04.30ニュース

【新型コロナウィルス】全国各地のNICUへマスク21,000枚提供

医療的ケア児の命を繋ぐ現場、NICUを守る

新型コロナウイルス感染症の影響で、マスクや消毒用品が不足するなか、感染すると重症化しやすい「医療的ケア児者」へのサポートが喫緊の課題となっています。

村上財団、ARROWS、認定NPO法人フローレンスの3者は、先日、支援の第一弾として協働で全国の医療的ケア児者家庭へマスク3000枚の個別配送を実施しました。

このたび、協働支援の第二弾として、全国各地のNICU(新生児特定集中治療室)に21,000枚のマスクを提供しました。

NICUは、医療的ケア児の命を繋ぐ上で欠かせない医療現場ですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、衛生用品の枯渇が深刻な問題となっています。
ほとんどすべての医療的ケア児は、生まれてすぐにNICUに入り、急性期を乗り越えるまでを過ごします。NICUの高度な医療技術を安定して供給し続けることが、医療的ケア児にとっての命綱です。
医療現場では医師や看護師がやむを得ず使い捨てのマスクを再利用しているという悲痛な声も聞こえます。今回は、21,000枚のマスクを、4月22日~26日にかけてNICUを備える下記医療機関へ配送しました。

神奈川県立こども医療センターからは、早速物品到着の報告をいただきました。
医療的ケア児の命を繋ぐ現場、NICUを守る

●神奈川県立こども医療センター 豊島医師 コメント

2月はマスクが枯渇して、残り10枚になり、金庫に入れてみんなで大切に使っていました。3月は院内感染予防で常時着用になりましたがNICUスタッフは1人週二枚で、皆マスクを自分で洗って干して再利用しながらNICUで働いていました。
 NICUには普段からコロナウィルス感染と同じように命に関わる赤ちゃん達が頑張っています。NICUスタッフがクラスター(感染者集団)になった場合、赤ちゃん達の命と未来を守ることが難しくなります。
どんな状況でも新しい命は生まれてきます。子どもを大切にしない国に未来はこない。マスクの寄付はNICUスタッフにコロナウィルス感染予防とともに心折れず頑張ろうという勇気をくださいました。関係者の皆様に感謝しています。

3者の協働と運営団体について

医療的ケア児者とは、難病や障害のため、人工呼吸器やたんの吸引、“経管栄養”などが欠かせない人たちのことです。新型コロナウイルス感染症の拡大による医療物資の不足が命に関わります。

村上財団、ARROWS、認定NPO法人フローレンスの3者は、これまでも協働で医療的ケア児者のいる家庭へマスクの配送を実施してきました。

ご支援の方法

◆ A-PADジャパンでは、新型コロナウイルス感染症による肺炎の流行の拡大を食い止めるため、皆さまからのご寄付を活用して、一人でも多くの命を救う取り組みを実施します。

ご寄付へのご協力をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税によるガバメントクラウドファンディング
https://www.furusato-tax.jp/gcf/777

一覧へ戻る