お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【次の災害に向けて】避難生活に関するアンケート調査結果
2021.01.12ニュース

【次の災害に向けて】避難生活に関するアンケート調査結果

A-PADジャパンは、Civic Forceと連携し、昨年、避難生活に関するアンケート調査を実施しました。対象は、過去10年以内に被災によって避難生活を経験された方で、多くの皆様のご協力により、108の回答を得ることができました。この場を借りて、ご協力いただいた皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました!

衛生面や在宅避難者の課題

アンケートの結果からは、トイレをはじめ避難所では衛生面の課題を感じている方が多いことがわかりました。また、避難以外の避難者の割合も少なくなく、支援が集中しがちな避難所だけでなく車中泊や知人宅などへの避難者に向けた支援の必要性が改めて確認できます。在宅や車中で過ごす被災者の存在は見えにくく、的確かつタイムリーなサポートは簡単ではありませんが、今後の災害において注力すべきポイントと言えます。このほか、回答者108人のうち、性別に「その他」を選んだ方が複数いることから、引き続き性やジェンダーに配慮した支援活動にも注力していきます。

A-PADジャパンは、今回のアンケートの分析結果をもとに、次の災害において、より迅速かつ的確な支援ができるよう準備を進めています。

▼感染症から避難者を守る! 衛生キット寄贈プロジェクト

佐賀県のガバメントクラウドファンディングを活用し「ふるさとチョイス」で支援を募ります。「発災直後の衛生環境の改善」、そして「感染症などの2次災害で亡くなる命をなくすこと」を目指してプロジェクトに挑戦します。期間は2021年2月3日まで、目標金額は150万円です。

▼感染症から避難者を守る! 衛生キット寄贈プロジェクト
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1033

■1万円の寄付が3人分の衛生キットに
「衛生キット」には、マスク、歯ブラシ、爪切り、除菌シート、カミソリなど1人分の衛生用品が入っています。

▼感染症から避難者を守る! 衛生キット寄贈プロジェクト

一覧へ戻る