お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 佐賀豪雨 小城市災害ボランティアセンターと武雄市の避難所を支援
2019.09.07ニュース

佐賀豪雨 小城市災害ボランティアセンターと武雄市の避難所を支援

9月7日小城市災害ボランティアセンターに、水240本(10ケース)を届けました。この水は、緊急災害対応アライアンス「SEMA」を通じた支援です。浸水した家屋の片付けなどを行うボランティアの方々に提供される予定です。

武雄市では9月5日現在、指定避難所2ケ所、指定外避難所の3カ所があり、各避難所の規模が2名から40名と小規模で支援が届きにくい現状がありました。A-PADジャパンは、9月6日、40名が避難する北方保健センターに肌着150枚、20名が避難している武雄市北方老人福祉センター長寿園に肌着90枚を届けました。この肌着は、佐賀災害支援プラットフォーム(SPF)を通じた支援です。肌着は株式会社しまむら様より提供されました。

またこの日、大町町公民館にも肌着20枚を届けました。

 

A-PADジャパンは、行政・企業・NPOが連携し、大規模災害に迅速かつ効果的に対応する体制を構築することを目指しています。

九州北部大雨緊急災害支援寄付を受け付けています。

皆様の温かいご支援よろしくお願いいたします。

■ふるさと納税
https://www.furusato-tax.jp/gcf/624

■Tポイントでも気軽に寄付! 「Yahoo!ネット募金」
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5140005/

■LIFULLソーシャルファンディング

https://japangiving.jp/supporter/project_display.html?project_id=40000394

一覧へ戻る